仕事の悩みについて相談していたら不倫に発展するケースも

社内不倫は珍しい事じゃない!会社の中ではたくさんいる?

社内不倫というと、どこかドラマの中での話のような気がしますよね。けれど、実際にみなさんが勤めている会社では割と社内不倫をしている人って多いものなのです。その年代は男性であれば30歳以上、女性の場合は20歳以上の人が社内で不倫をしていると言われています。果たして社内不倫が多い理由とはどういう所にあるのでしょう?
不倫とはパートナーがいながらも他の異性とお付き合いをしてしまう事を言います。不倫に走る原因は大抵は相手に不満を感じている事が多いのです。当然、その不満を感じている人はそれをどこかで発散しようとするもの。一番多いのが、パートナーの不満を誰かに聞いてもらう事なのです。一方で会社は人が人生の中で多くの時間を過ごす場所でもあります。当然、同じ職場で働く人とは同じ時間を共有していますので、お互いに気心が知れてくるという事も珍しくありません。
普段は仕事上の悩みをお互いに打ち明けていたものの、その関係に人間としての信頼関係が生まれてくるとプライベートの悩みなども打ち明けあうようになることは珍しくありません。そんな心の中をお互いに打ち明けるような時間を共有しているとやがては恋愛感情すら覚えたとしてもそれは言ってみたら自然の成り行きと言えます。職場とはお互いの距離が近くなりがちな環境です。パートナーに悩みを持っている人が心を許せる人を見つけるとそれは社内不倫にも繋がりやすくなるものなのです。

時代背景の変化が社内不倫にも影響している

最近は女性社員が、社内不倫を積極的にしてしまう場合が多いです。そうなったのは、時代背景の変化が大きく影響しているといわざるをえません。昔は主婦業一本の専業主婦が当たり前でしたが、今はそうではないです。結婚や出産を機に退職する女性はいますが、一段落した時復職するケースが一般的になっています。その影響で職場には既婚者の女性が珍しくなく、これが社内不倫が多い原因として考えられます。
社内不倫が起こってしまいやすい職場は、結婚しても子どもがいてもバリバリ働く女性が普通にいたりします。場合によっては女性が管理職を務めているケースも、全然珍しくありません。そこに若い男性社員がいれば、いつの間にか社内不倫になってしまいます。男性と女性でどちらか一方だけしかいない会社は、社内不倫になりようがありません。ですが今は時代背景の変化によって社内に男女がまんべんなくいますから、その影響で社内不倫が起こりやすくなっています。
また30代後半から40代前半ぐらいの妻子ある男性が、20代の女性社員と社内不倫をするというパターンも社内不倫では多いです。男性が若い女性を魅力的に感じてしまい、つい不倫に走るパターンです。社内不倫が多いのは、これらの原因があるからです。

社内不倫の対応方法

社内不倫をしてしまったのであれば、いつか解決しなければなりません。
具体的な解決策を紹介しているサイトもありますので、参考にすると良いでしょう。

社内不倫の代償は大きい!リスクを抑える不倫の終わらせ方と対処法。

カテゴリ

新着記事リスト

2018年12月11日
W不倫をする上級者もいるを更新。
2018年12月11日
不倫をする人の本気度は千差万別を更新。
2018年12月11日
社内不倫をしたくなるのは「心の隙間を埋めるため」を更新。
2018年12月11日
会社は誘惑の宝庫を更新。